BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【シャッター アイランド】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2011/08/13 20:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【シャッター アイランド】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/マーティン・スコセッシ(2010 米)
出演/レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ
ベン・キングスレー、ミシェル・ウィリアムズ
■作品
1954年ボストン沖、精神を病んだ犯罪者たちが収容されている孤島シャッターアイランド。この島でレイチェルという患者が失踪する事件が発生し、保安官テディは相棒チャックと共に捜査にやってきた・・・。
舞台は1950年代だが、何やら日本で言うと大正〜昭和初期のオドロオドロしいミステリーのような雰囲気にも感じられる。随所に凝ったカットが観られるけれど、どうも中盤あたりまではノリきれず眠気を誘う。何かちょっとヘンだぞ? とハナシがみえてくる中盤以降はディカプリオ渾身の苦悩演技と共に少々興味をそそってくる。スコセッシゆえ監獄の孤島で保安官が捜査に大活躍!! なんてハナシになるわけもないのだが、何とも陰にこもった暗〜いハナシではあります。
自分が正常なのかそうじゃないのか? 微妙な境界線を彷徨う危うさ、周りによって異常であると決めつけられる怖さ等、居心地の悪い不安定感がスコセッシらしく、随所に挿入されるショッキングなビジュアルイメージも冴えている。
だが、これが一般的に面白いかと言うと微妙。マニアックなミニシアター向きの内容で反復鑑賞で検証する様な見方が向いている。
ディカプリオ主演のサスペンス大作!! なんてノリで観ると面食らうが、スコセッシらしい内なる苦悩の物語と思えば納得できるかもしれない。
■画質・音質
重厚でありながらスコセッシらしい意欲的な構図が随所に。5.1chは瞬発力よりもオドロオドロしい低音による重心の低さが印象的。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【シャッター アイランド】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる