BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【キック・アス】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2011/09/27 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【キック・アス】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/マシュー・ヴォーン(2010 英=米)
出演/アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ
クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ストロング
■作品
まるで冴えないデイヴはスーパーヒーローになるべく通販で買ったヒーローコスチュームを着て街へ出るのだがコテンパンに…。そんなある日、デイヴは本物のヒーロー親子に出会う。
英の監督のマシュー・ヴォーンは当ブログでも紹介した「レイヤー・ケーキ」、「スターダスト」でも、ちょっと興味をそそる作品を仕上げていた。本作はアメコミの世界であるしコミカルでもあるのだが、やはり英国的暗さも漂わせている。主人公デイヴのへたれた日常の描写も陰にこもった痛々しさで何処か英国的。女の子とお父さんのヒーローコンビというと微笑ましいのだけれど、描写は時にハードでヴァイオレンス調。有りそうで無かったテイストが新鮮だ。主人公がYou tubeで一躍有名になったり、防犯カメラ映像の雰囲気を巧みに演出に活かすなど時流を捉えた監督の演出が冴えていて、中でもキル・ビル少女版よろしく「Banana Splits」にノッてバッサバッサと敵をなぎ倒していくシーンはテンション最高潮で本作の白眉だ。
何と言ってもヒットガール演じるクロエ・グレース・モレッツの起用がドンピシャにキマったところが成功の要因か。小動物のような可愛らしさと、アイマスクを着けたときの精悍なアゴのライン、無邪気さと〈女〉を兼ね備え、多感な少女らしい危ういバランスが観るものを釘付けにする。主人公演じるアーロン・ジョンソンも悪くないが、完全にクロエ嬢に持って行かれてますなぁ。ヘタレの主人公に〈萌え〉キャラとはいかにも今時のスタイル。
全米大ヒットを受け、続編が作られるようです。
■画質・音質
緑や黄、紫など色鮮やかなアメコミ作品らしい画調だが、ダークなテイストも魅力。5.1chは銃撃音などがサラウンドchを駆け巡り賑やかだ。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆


★当ブログでご紹介したマシュー・ヴォーン監督作品
レイヤー・ケーキ
スターダスト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【キック・アス】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる