BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル】なんばパークスシネマ(DLP/L-PCM5.1)

<<   作成日時 : 2011/12/31 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像【ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル】
なんばパークスシネマ・シアター10
(シネスコ・字幕版・DLPデジタル上映・L-PCM5.1ch)
監督/ブラッド・バード(2011 米)
出演/トム・クルーズ、ジェレミー・レナー
ポーラ・ハットン、サイモン・ペッグ

J・J・エイブラムズが監督した3作目「M:i:III」は部分部分では興味を引いたものの筆者としては随分物足りない作品だった。アニメーション畑のブラッド・バードを監督に迎え、満を持して登場した4作目。その仕上がりはいかに?
冒頭の脱出劇からラストに至るまで、まるでピクサーの作品を見ているように小気味よくコロコロとハナシが転がっていく。随所に登場する見せ場も抜かりなく、目玉となるドバイの超高層ホテルアクションは手に汗握るもの。登場キャラクターも個性・役割がハッキリしていて分かりやすく、正にピクサーのエンタテイメント性をそのまま実写に移植したかのようだ。まぁデ・パルマの手がけた1作目のようなサスペンス感は無いけれど、娯楽の追求という意味でピクサーテイストも有りだろう。惜しむらくはお馴染みのテーマ曲が編曲を含めて心なしか控えめなところ。ここはひとつ、随所にガツンと響かせて欲しかった。
キャストではどの作品でも強い印象を残すポーラ・ハットンが本作でも魅力的。引っ張りだこの「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーも諜報員的役柄がよく似合う。サイモン・ペッグはお笑い担当としてぬかりなし。
そしてトム・クルーズ。ビッグスターであることの責任を自覚し自ら身体を張りエンターテイメントを創り上げる・・・。そんな最後の世代の現役スターなのかなぁと本作を見ながら感じた。

上映スペックの表記が細かいTOHOシネマズに対して、パークスシネマは特に表記は無いがデジタル上映であった。まぁ何時訪れても、映写・音響ともにパーフェクトに近いので説明不要なのだろうがマニアとしてはその辺りも表記してもらえるとありがたい。シアター10は舞台挨拶用にステージも設けられたパークスシネマの中でも2番目のキャパを持つスクリーン。間口のたっぷりとしたスタジアム形式でとてもゆったりと観れるバランスのいいシアターだ。対抗するTOHOシネマズなんばのSONY SRX-R320での同作品映写を見ていないので何とも言えないが、一般的には十二分な画質。強烈にシャープネスを追い込んだ感じではなくて程よくマイルド。良好なフィルム映写を見ているようでもあり、大多数の観客はデジタルなのかフィルムなのかも気づかないまま気持ちよく鑑賞を終えるだろう。L-PCM(非圧縮音声)の5.1chはもちろん高音質。パークスシネマの音響はいつ訪れても安定したハイクォリテイで感心させられる。唾をゴクリとのむ微細な音から地響き立てる爆発音まできわめてクリアー且つ骨太。どこに座っても音の定位感が明瞭に保たれるのも優秀。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」感想
映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」観に行ってきました。トム・クルーズ主演のイーサン・ハントが様々なミッションに挑む人気のスパイアクションシリーズ第... ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2012/01/04 16:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル】なんばパークスシネマ(DLP/L-PCM5.1) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる