BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【おっぱいバレー】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2012/01/25 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【おっぱいバレー】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/羽住英一郎(2009 日)
出演/綾瀬はるか、青木崇高
仲村トオル、石田卓也
■作品
1979年の北九州。中学校に赴任してきた美香子先生は男子バレーボール部の顧問を任された。全くやる気のない部員たちは、勝利の暁には美香子先生のおっぱいを見せてもらう事を条件に練習を始めるのだが・・・。
細かい事は気にせず軽〜く楽しませてもらおうと思ったのだが、それにしてもあんまりな出来に口あんぐり。以下、辛辣な感想になってしまいました。
頭の中は〈そんな事〉ばっかりの年頃。それを糧に頑張るというストーリーは面白いと思うのだが、あまりにも安易でご都合主義な展開にどうにもノレない。綾瀬はるかはこのままやむなしとしても、せめて部員達には行き場のない悶々たるパワーと恥ずかしさを感じさせて欲しいのだが、印象に残る様なキャラクターが誰1人おらず演技も最低限。撮り方にしても〈大人の事情〉なのかあまりに〈よい子〉ちゃんだ。あからさまなハレンチは必要ないが、香るようなイメージはそれとなく必要だろう。綾瀬はるかはキスシーンの口元すら見せないという超ガード状態でこの作品に臨んでいる。他の作品でも感じるが、女優として彼女は発声の力強さがもっと欲しい。
1979年の時代考証としてこれみよがしに往年のクルマやヒットソングを繰り出すのだけれど、物語にこの時代の必然性があまり感じられず陳列状態に終わってしまっている。
こういう作品こそほとばしるエネルギーを感じさせて欲しいのに、小さく小さく収まってしまった作品だ。(昔の東映はこういうジャンルはえげつないほどイキイキとしていたのだが・・・)
■画質・音質
シネスコであるが、その構図をあまり活かしている感じでもない。5.1chは体育館に床に叩き付けるボールの音が力強く、雷雨のシーンでも効果的。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【おっぱいバレー】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる