BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【エンジェル ウォーズ】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2012/02/14 14:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【エンジェル ウォーズ】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/ザック・スナイダー(2011 米=加)
出演/エミリー・ブラウニング、ジェナ・マローン
カーラ・グギーノ、スコット・グレン
■作品
母が死に邪魔者になった長女ベイビードールは継父によって精神病院に入れられてしまう。ロボトミー手術によって抜け殻にされてしまうまで後5日・・・。
重層構造のダーク・ファンタジーとでも申しましょうか。セーラー服にロボットにサムライにナチスにゾンビに・・・と闇鍋のようなZ・スナイダーの脳内イメージを忠実に実写化。好き嫌いは別としてもVFXを駆使した戦闘シーンの出来映えはもはや監督の趣味の領域。ガンダムの実写化も無理ではないと思えるほどに縦横無尽に描かれ、製作陣の〈ドヤ顔〉が見えてきそうなキメの構図が連打される。
売れっ子アマンダ・セイフライドに代わってベイビードールを演じたツインテールのエミリー・ブラウニングはコケティッシュな魅力の中に何処かダークサイドも感じさせなかなかイイ。その他、少女時代から「コンタクト」や「グッドナイトムーン」等活躍してきたジェナ・マローンはすっかり大人の女になって本作でも印象を残す。いぶし銀のスコット・グレンはぶっとんだ内容の中で作品の重しになっている感じだ。
ヒロイン達が大活躍する戦闘シーンと抑圧された現実との極端な対比。浮かんだビジュアルイメージを実現するためとは言え、こんな暗澹たるハナシに結びつける必要があるのかと思うけれど逆にそれがポイントなのかもしれない。AV(オーディオビジュアル)的に見れば結構イケル作品かも・・・。
■画質・音質
世紀末のような暗い空、黒がズッシリと重い深く沈んだ劇画調。5.1chは戦闘シーンでの効果音が大迫力。暗鬱な音楽も重心低く響き渡る。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆★

ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【エンジェル ウォーズ】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる