BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【私の愛、私のそばに】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2012/05/16 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像【私の愛、私のそばに】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/パク・チンピョ(2009 韓)
出演/キム・ミョンミン、ハ・ジウォン
ナム・ヌンミ、イム・ハリョン
■作品
葬儀屋のジスはある葬儀で幼なじみのジョンウと出会う。それは彼の唯一の肉親である母の葬儀だった。やがて惹かれ合う2人。ルーゲリック病という難病を患うジョンウに添い遂げようとジスは心に決める・・・。
つい韓国定番の難病絡めたラブストーリーか・・・と思うのだが、主役は「ベートーベン・ウィルス〜愛と情熱のシンフォニー〜」のキム・ミョンミンである。ヒロインには「シークレット・ガーデン」のハ・ジウォンだ。
二人が親密になる過程があまりに性急であったりベタな演出もあるのだが、そんなことを押しやるほどにキム・ミョンミンの吸引力ある演技に見入ってしまう。演技というよりも最早〈そのもの〉になるのが彼の姿勢なのだろう。劇中見る見るうちに痩せ細っていくジョンウ同様体重を落としたという徹底ぶり。それだけに終盤彼が見せるやりきれない表情には言いようのない説得力があった。本作を見ていると「ベートーベン・ウィルス〜愛と情熱のシンフォニー〜」のカン・マエが単なるハマリ役だったわけではない事がよくわかる。
ドラマに映画に顔を見ることの多いハ・ジウォンは個人的には今ひとつ魅力を感じないのだが、本作は好演していると思う。余談ながら、彼女はお約束のようにチラ見せの多い女優さん。
演出面は最高とまでは言わないけれど、綺麗事のラブストーリーにはせず闘病生活にじっくり対峙する姿勢に好感が持てる。「長期戦になります。お金無いなら退院してください」とシレっと言う病院も単に冷酷ということではなく止むをない現実として描いている点や、バツ2の娘を見守る父のスタンス、終盤の大部屋の悲喜こもごもなど、上っ面でない視点も良かった。
たとえ手足が動かなくともキム・ミョンミンの存在感が圧倒的で、命の尊厳を大事にした作品でありました。
■画質・音質
ソフトな画調はただ綺麗に撮るというより実録調。病室の空気感などリアルな雰囲気だ。5.1chはドアの開閉などの環境音が立体配置される。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キム・ミョンミン 最新情報 - これ好き! KoreaFan
キム・ミョンミン の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど ...続きを見る
これ好き! KoreaFan
2012/05/20 04:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【私の愛、私のそばに】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる