BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【SUPER 8 / スーパーエイト】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2012/06/21 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【SUPER 8 / スーパーエイト】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/J・J・エイブラムス(2011 米)
出演/ジョエル・コートニー、エル・ファニング
カイル・チャンドラー、ライリー・グリフィス
■作品
1979年オハイオ。ジョーたちはSUPER 8(いわゆる8ミリ)でゾンビ映画を撮っていた。夜の撮影中に思わぬ列車事故に遭遇、その列車には巨大な秘密が隠されていたのだ・・・。
J.J.エイブラムスによるスピルバーグへのオマージュなのだろうか。退屈こそしないが子供達のキャラクター設定や遭遇する〈何か〉に至るまで弥が上にもスピ作品を想起させ既視感たっぷり。あまりにソレっぽすぎて苦笑してしまうが、やはり似て非なるもの。スピルバーグの場合は〈いかにもな〉設定であってもそれを忘れさせる見せ方のマジックがあるのだが、本作はそこまで至らない。冒頭の列車事故シーン(車との衝突であそこまで列車が吹っ飛ぶわけもなく・・)からやたら派手にドンガラガッチャンするのもその場だけの盛り上がりで、全体としてテンションが上がるわけではない。このあたりは「M:i:III」でも同じような印象を受けました。
エル・ファニングをはじめとして子役たちは好演しているものの作り手の意図ほど感動を呼ばないのは、それぞれの心の傷とメインとなる〈何か〉との絡め方が強引だからだろうか。大人も子供もそして〈何か〉も一応に〈救い〉と〈癒し〉を求めているところにご時世を感じさせる。
筆者としてはラスト・クレジットのおまけが本編よりも楽しめた次第。
■画質・音質
ナイトシーンが多い。あまり克明に映し出すというよりは時代を感じさせる画調。5.1chはサラウンド見本市と言ってもいい様々な移動音のオンパレードで賑やか。セリフもクリアーすぎるほど。余韻のないタイトな〈今の〉映画館サウンドだ。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【SUPER 8 / スーパーエイト】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる