BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ピラニア3D】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2012/07/17 02:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【ピラニア3D】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/アレクサンドル・アジャ(2010 米)
出演/エリザベス・シュー、アダム・スコット
ジェリー・オコンネル、ヴィング・レイムス
■作品
ハイテンション 」の仏監督アレクサンドル・アジャによるハリウッド作品。3D作品だがオンエアと視聴は2Dにて。
「休みだ!湖だ!裸で踊れ〜!」ってなハイテンションでヴィクトリア湖畔に集まった若者たち。バカばっかりのお祭り騒ぎの中、殺人ピラニア出現で奔走する地元女保安官。
生物パニック映画として、「いかに人々が対抗するのか?」なんて最初から描く気も無いようで、ひたすら食われた跡を映し出し、他はスケベショットで埋めるエログロ感。アメリカンってこんなもんでしょ?ってアジャ監督の声が聞こえてきそうな投げやり感とも取れる。
そんな中、保安官演じるエリザベス・シューがいい。この人は断然歳を重ねてからのほうが魅力的。「BTTF2」の頃とは打って変わった肉厚体型。「インビジブル」あたりで既にこんな感じでしたがゴツイ腰回りが保安官役をリアルに感じさせ、セクシーでもあります。その他、クリストファー・ロイドが十八番とも言えるマッド・サイエンティスト風に顔を見せるのも嬉しい。ヴィング・レイムスは以前に比べ少々歳を感じさせた。
何やらやけくそ気味に感じられストーリーも無いも同然だが、湖水を真っ赤に染めての阿鼻叫喚図に妙な勢いがあるのは確か。米の監督では得られない度を越した悪ノリぶりがアジャ監督らしさなのだろう。
エリザベス・シューに★おまけ。
■画質・音質
コッテリとした色乗りの乾いた映像は正にアメリカン。3Dを意識したシーンはあまりにあからさまで笑える他、VFX効果はかなり安っぽい。5.1chは何気ない音をサラウンドchに貼り付け時折ギョっとさせる。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆


ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ピラニア3D】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる