BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【猿の惑星:創世記(ジェネシス)】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2012/10/29 21:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【猿の惑星:創世記(ジェネシス)】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/ルパート・ワイアット(2011 米)
出演/ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス
フリーダ・ピントー、ジョン・リスゴー
■作品
薬物研究者のウィルは開発中の認知症薬の実験台となり死亡した雌猿の子ども〈シーザー〉を引き取ることになった。試験薬の影響を母から受け継いだシーザーは徐々に驚異的な知性を見せ始める。
チャールトン・ヘストン主演の「猿の惑星」を最初に観たときはなかなか衝撃的だった。続編が作られ、TVシリーズにも展開したのはご存じの通り。しかし、ティム・バートンの「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(2001年)は今ひとつだったこともあり、「また引っぱり出しますか?FOXさん」とつい思ってしまうのだが・・・。
ややこしい設定なのかと思いきやストーリーはおそろしくシンプルで〈とっつき〉がいい。テンポ良くスリリングに展開し「次はどうなる?!」と観客の興味をグイグイ引っ張っていく。
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」もそうだったがニュージーランド WATAデジタルの仕事ぶりは目を見張るものがある。従来の人間にメーキャップする手法と異なり、高度なキャプチャ技術を駆使したCGによる猿である。猿そのものだった顔が徐々に知性が帯びてくる変化がストーリーに説得力を持たせて新鮮だ。若干遊離して見えるシーンもあるけれど、存在感ある描き込みと出来のいい脚本がCGの猿に命を吹き込んでいる。明確にオリジナルと繋がる作品ではないのだが、前日譚として違和感のない仕上がり。文字通り創世記、序章ゆえこれから・・という所で終わってしまうが、なかなか引き締まった出来栄えだ。
■画質・音質
FOX大作らしいゴリっとして力強い画だが、猿のアップなどなかなか精細感もある。5.1chはサークルの大きい広がりあるサラウンド。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【猿の惑星:創世記(ジェネシス)】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる