BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【マイウェイ 12000キロの真実】WOWOW(HV)

<<   作成日時 : 2012/11/27 01:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【マイウェイ 12000キロの真実】(HV・シネスコ)
監督/カン・ジェギュ(2011 韓)
出演/オダギリ・ジョー、チャン・ドンゴン
ファン・ビンビン、キム・イングォン
■作品
1928年、日本占領下の京城(ソウル)。共に健脚を競う日本人長谷川達雄と朝鮮人キム・ジェンシク。しかし、戦争は二人を数奇な運命に導いていく・・・。
「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ久々の監督作品だが、予想以上のスケールを持つ超大作となっていた。ノルマンディー上陸作戦後、ドイツ兵捕虜として一人の東洋人が写っていたことから本作は生まれたとのこと。日本人と朝鮮人が対立しながら、そのままソ連に呑み込まれ、更にナチスドイツに、そして連合軍にと翻弄されていくサマは何ともやるせない悲劇であると同時に滑稽にさえ見えてくる。
戦闘シーンの激しさと執拗な描き方は、邦画の戦争シーンがままごとに見えるほど。常に緊張と隣り合わせにいる国との差がモロに出ている部分だ。
オダギリジョーは相変わらず喋らない方がいいけれど、いつになく腹から声を振り絞って軍人を演じている。迎えるチャン・ドンゴンは韓国らしいひたすら「耐え忍ぶ」の男を熱演。
韓国作品らしいと言おうか、カン・ジェギュらしい延々と続く戦闘シーン。戦時下の不条理を描きつつ少々大雑把な部分も無いではないが、力で押し切る2時間23分に圧倒される。
■画質・音質
シネスコに展開される力強く骨太な画調。音は2chのオンエアが残念だが、ダイナミックな音響が伝わってくる。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【マイウェイ 12000キロの真実】WOWOW(HV) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる