BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【はやぶさ 遙かなる帰還】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/01/17 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【はやぶさ 遙かなる帰還】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/瀧本智行(2012 日)
出演/渡辺謙、江口洋介
夏川結衣、吉岡秀隆
■作品
幾多の困難を克服し、小惑星〈イトカワ〉のサンプルリターンを果たした小惑星探査機〈はやぶさ〉とそれに携わった人々を描く。大手3社競作のうち、本作は東映の60周年作品。
宇宙や科学のことは疎いけれども、遙か3億キロ離れた探査機を遠隔操作し任務遂行の上、帰還させたこの快挙には大いに興味をそそられるところだ。丁寧な描写でリアリティを出すのが上手い瀧本監督ゆえ少々期待を持って鑑賞。
序盤から監督らしい真面目で丁寧なタッチでその場の空気が伝わるようだ。VFX効果によってハリウッド並とはいかないまでも発射シーンや宇宙での〈はやぶさ〉の描写もまずまず。ただ、興味津々故退屈はしないものの羅列感は否めない。携わった人々にしろ様々なトラブルにしろ掘り下げが浅く、どうもこちらの知りたい欲求を満たしてくれない。渡辺謙演じるJAXAの山田教授がどういう人なのか今ひとつ伝わらないし、周囲の人々の描き方も〈如何にも〉である。トラブルに関しても非常に専門的で難しいものなのだろうが、そこをもうひとつ映画的に誰にでもピンチとして感じるように見せて欲しかった(ここら辺り、ハリウッドはエンタテイメントとしても見せるのが上手い)。本作では極端なハナシ「何かトラブルです!」→「専門用語ムニャムニャ…」→「何とか直りました!」で終わってしまうのである。
キャストでは山崎努がさすがに上手い(が、町工場の社長にはちょっと見えない)。他にはNASAの人演じるデンゼル・ワシントンもどきの俳優さんにはちょっと笑ってしまった(狙ってるのでしょうか?)。
筆者は〈はやぶさ〉競作3本のうち本作が初見となる。先述のとおり実直に描いているものの満遍なさが正直もの足らなかった。他の2作がどんな切り口なのか期待してみたい。
■画質・音質
スコープサイズがスケール感を出している。宇宙の黒も締まっておりまずまずの画質。5.1chは低音の響きも悪くないが、暗騒音を丁寧に拾った録音が印象的。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

★当ブログでご紹介した瀧本智行監督作品
犯人に告ぐ
イキガミ

★当ブログでご紹介した3社競作「はやぶさ」関連作品
・20世紀FOX「はやぶさ/HAYABUSA
・東映「はやぶさ 遙かなる帰還
・松竹「おかえり、はやぶさ

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【はやぶさ 遙かなる帰還】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる