BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【パラノーマル・アクティビティ3】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/01/07 01:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【パラノーマル・アクティビティ3】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/ヘンリー・ジュースト、アリエル・シュルマン
(2011 米)
出演/クリストファー・ニコラス・スミス、ローレン・ピトナー
クロエ・チェンゲリ、ジェシカ・タイラー・ブラウン
■作品
前作までの展開から大きく遡って1988年。ケイティとクリスティーの幼少期に起こった超常現象を記録したビデオがこれだ。
ん〜ん、これも「SAW」シリーズのように毎年作らねばならないような雰囲気になってきましたねぇ。観る方も時間の無駄と思いつつ何か新しい工夫があるかとちょっと覗いてみたくなるのだ。
そもそもストーリー性無く、何処かの定点監視映像を凝視していると何かが動いた・・というコンセプトが好奇心をくすぐり怖くもあったのだ。それをシリーズに渡ってストーリー展開されてもさして興味をひかないし、漠然と観ているとどんな繋がりなのかも頭に入ってこない。作毎に人物も環境も全く違う超常現象を綴った方が新鮮に観られるのではないだろうか?
撮り方の新しい工夫?としては、広範囲を捉えるべく扇風機の首振り機能を使った無人撮影。首を振る毎にさっきの場所に何かがあったり消えたり・・これは「だるまさんがころんだ」か!? と思わず失笑。作を重ねるともう驚かし演出を連打するしかない感じで、ベタなぐらいの驚かし方をする。クライマックスはもう「パラノーマル・アクティビティ」の枠を超え、そのままズバリ写っているようなものだ。転げ落ちたカメラによる低い視線がなかなか恐ろしい。
暗い部屋で5.1ch視聴すればそれなりにビクビクさせるけれど〈大半目をつぶってました(笑)〉、何ともねぇ。何作までつくるんでしょうかね。
■画質・音質
主な舞台設定は1988年。タイムカウンターこそ時代を感じさせるが映像自体は特に古さを強調した感じではない。5.1chはこのシリーズの必須の驚かし手段。音響への依存度は更に増している。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

★当ブログでご紹介したパラノーマル・アクティビティシリーズ
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ2
パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【パラノーマル・アクティビティ3】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる