BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【バトルシップ】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/03/15 14:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【バトルシップ】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/ピーター・バーグ(2012 米)
出演/テイラー・キッチュ、浅野忠信
ブルックリン・デッカー、リアーナ
■作品
RIMPAC(環太平洋合同演習)中のハワイ沖に、宇宙から飛来した謎の物体が落下。USSサンプソン、USS JPJ、海上自衛隊みょうこうの3隻が現場に向かうのだが・・・。
ユニヴァーサル100周年記念の超大作。あのハスブロ社ゆえに凄まじい爆発炎上の破壊シーン&大味な展開が予想されるところ。そしてそれは予想通りに・・・。
いくらVFXを多用するにしても映像化するのはとてつもなくお金がかかりそうな設定であり、それを実際やってのけてしまうあたりが素直にスゴイ。エイリアンの船から無数に放たれる爆雷を、ダダダダダダ!!!!!と迎撃するUSS JPJの絵柄など大迫力。何が何やら分からない程のゴチャゴチャの破壊シーンは「トランスフォーマー」のハスブロらしいところで、そのやりすぎ感が笑えてきます。終盤にはバトルシップ・USSミズーリがついに参戦。そんなに簡単に実戦につけるのか?・・の疑問にも有無も言わさぬ力業で展開。
注目の浅野忠信は殆ど準主役と言ってもいい活躍ぶりで、さっぱりとした軍人を安定感を持って演じている。海外に出ると邦画の時とは違った役どころを与えられて新鮮ですね。米軍がリーアム・ニーソン除くと知った顔が少ないだけに存在感があります。
トランスフォーマーのロボットを戦艦に置き換えたような本作。笑ってしまうほど大味な人間ドラマはご愛敬。こういう巨費を投じながらもノーテンキな超大作っていうのは「アルマゲドン」筆頭にハリウッドのお家芸。細かいことは言わずにど派手な戦闘シーンを純粋に楽しめばいいのだろう。ラズベリー賞ノミネートも納得でありますが、まぁそれは〈どこか作品に可愛げがある〉からか。
■画質・音質
カラっとしたハワイの陽光が伝わる明快な映像。浅野忠信の肌色も邦画の時とは違って見える。5.1chは広がり豊かなスペクタクルサウンド。遠方より迫るミサイルの軌跡が実にクリアー。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆★

ポスター訴求度 ☆☆☆★




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【バトルシップ】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる