BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ドライヴ】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/04/13 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【ドライヴ】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/ニコラス・ウィンディング・レフン(2011 米)
出演/ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン
ブライアン・クランストン、アルバート・ブルックス
■作品
西海岸に孤高の凄腕ドライバーがいた。修理工かつ映画のスタントマン、そして闇夜に紛れ強盗の逃走を助けするドライバーも引き受けていた・・・。
夜更けの街。押し殺したようなエグゾーストノートと共に疾走する導入部からグイグイと引き込まれる。喋る相手を黙って見つめるライアン・ゴズリングに味があり、それを捉える構図もいい。
筆者は甘すぎる?マスクのライアン・ゴズリングは従来苦手だったが本作は上手い使い方であるし、クールでありながらも女のために一途に突っ走ってしまう姿にも説得力がある。
作品によって波を感じるキャリー・マリガンだが本作ではなかなか魅力的。また、アルバート・ブルックスの悪役というのもなかなか印象的だ。総じてありきたりでは無い練られたキャスティングが光り、監督の才を感じさせる。また音楽の使い方が非常に巧い。
クールでスタイリッシュな作品と思いきや、中盤から怒濤のバイオレンスムービーに・・。狙っているのだろうが、そのスイッチぶりはチョット強烈。そこまでしなくても・・と思うけれど確かにインパクトはありますね。ただしライアン・ゴズリングの格闘アクションはどこか〈優しげ〉だ。
黙して語らず・・ストイックにカッコをつけた男の美学。こういう作品、以前はゴマンとあったけれど最近では珍しいような気がして、何となく嬉しくなってしまった。
■画質・音質
これみよがしではないが1シーン毎に構図や光と影の使い方等こだわりを感じさせ、深夜の街並みに雰囲気がある。5.1chは派手に広がるタイプではないが、音楽のビートと共に独特の空気感が魅力。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ドライヴ】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる