BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ブルーバレンタイン】WOWOW(HV)

<<   作成日時 : 2013/06/27 00:38   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【ブルーバレンタイン】(HV・ビスタ)
監督/デレク・シアンフランス(2010 米)
出演/ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ
フェイス・ワディッカ、マイク・ヴォーゲル
■作品
結婚7年目のディーンとシンディは1人娘と共に3人で暮らしていた。今にも崩れ落ちそうな夫婦仲を出会った頃の初々しい2人の姿と平行に綴っていく・・・。
これは一体誰が見るべき作品なのだろう?これから結婚へとむかう若い人には今一つ不可解かもしれないし、婚姻を経験した者には一つ一つのパーツがあまりにも痛い。うすいグラスを手の中でじんわり握りつぶしていくような感覚。どんな仲むつまじい夫婦であっても、何処かで覚えのある不穏な瞬間を丹念に拾っている感じだ。
ある瞬間にズバっと切れてしまう女の気持ち、それでも愛し続けようとする男という生き物。この辺りを非常に辛辣にリアルに描けていて、共演の2人も出色。
ドライヴ」以来、今頃になってライアン・ゴズリングに注目している筆者だが、本作も何気ない物腰に雰囲気がある。結婚前・後のルックスのビフォーアフターぶりもインパクト大。ミシェル・ウィリアムズはヌードを披露しているものの、この凍りついた世界ではセクシーでも何でも無くなる。愛せなくなった旦那への冷たい仕草がコワい。
ラストのディーンの背中は余りに哀しい。男から見れば女はかくも尽くしがいの無い生き物か…と思えるのだが、女から見れば飲んだくれで禿のディーンは既に用済みなのだろう。世界中で行われているやりとりであり、こんなことをリアルに描いてもツライだけとも思うけれど、男と女という全く違う星の生物をじっと見つめた作品だ。ラストクレジットは打ち上げ花火と共に美しくもはかなく散っていく在りし日の光景。意味深かつとても印象的。 
■画質・音質
生活感あるスケッチタッチの中に、印象的な構図や色彩が散りばめられた雰囲気ある映像。音は重たい空気感が支配するが、音楽の選曲と使い方が秀逸。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

いま旬な役者さんふたりの等身大の演技は
なかなか見応えあって良かったですね

>結婚前・後のルックスのビフォーアフターぶりもインパクト大
*ほんとほんと、えッ?これがゴズリング!?という感じが…

>男と女という全く違う星の生物をじっと見つめた作品だ。
*まさに同感でした!
小枝
2013/06/28 14:49
小枝さん、いつもありがとうございます。
この監督=主演の再タッグ作品
「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」も観てみたいですね。

thymos
2013/06/28 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ブルーバレンタイン】WOWOW(HV) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる