BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【SHAME-シェイム-】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/06/11 02:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【SHAME-シェイム-】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/スティーブ・マックイーン(2011 英)
出演/マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン
ジェームズ・バッジ・デール、ルーシー・ウォルターズ
■作品
NYの会社員ブランドン。彼の生活は仕事以外全てセックスに関するもので埋め尽くされていた。そこへ突然転がり込んできた妹のシシーの存在が、それまで危うくも保たれていたブランドンの均衡を崩していくのだった。
性依存症…分かったようで分からないこの症状を大雑把に調べてみると、性的快楽を得ることで不安から逃避する依存行為でありエスカレートすると他の依存症同様自己コントロールが難しくなってくるという。確かに主人公ブランドンは寝ても覚めてもセックスのことばかりが頭を支配し、〈愛情〉など感情抜きで一日中股間を硬くしているような男だ。勤務中にまでトイレでオナニーという姿は確かに度を超しているかもしれない。マイケル・ファスベンダーが演じているからこそセンシティブなハナシに見えるが、そうでなければただただ小汚い映画になってしまうのだろう。
ブランドンをこういう状況に追いやった理由は何なのか? ハッキリとは語られないものの、シシー演じるキャリー・マリガンの好演と共に真意があぶりだされて来るあたりはなかなか観ていてハラハラさせる。
長回しによる1発撮りもキャストが達者で魅せるほか、追い詰められたブランドンが行くところまでいってしまう終盤も興味深い。それだけにラストの落としどころは一番安直に走った気がして一寸残念でありました。致し方ないとは言えボカシだらけというのもねぇ・・・。
■画質・音質
NYらしいちょっと沈んだトーン。冷たい感触が主人公の空しさを表すかのようだ。5.1chはフロント中心に広がりのない鬱屈した音場が作風にマッチ。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

私はマイケル・ファスビンダーを「イングロリアス・バスターズ」の
アーチー・ヒコックス中尉役で好きになりました。
とても繊細で気難しそうな役柄を
この方は実に巧くこなしますね

ファスビンダーのスレンダーで白い肉体が
内面から病んでいることを哀しげに表現。
そこに本人が苦悩しているその様は(背中で見せる演技)、
彼だからこそ成し得たと思います。
作品の本質を歪めることなくキャリー・マリガンも
奔放さと屈折した一面をもつ妹役を
好演していてとても良かったです。
彼女が気だるく唄うNew York, New York
あのシーンで兄の頬に伝う涙、印象的でした

彼が愛聴している曲にGlenn Gouldの
「Goldberg Variations:Aria」がありましたね。
実はこれ、大好きな曲でして。
今、本作のサントラにも要チェックを入れ始めました。

小枝
2013/06/11 15:17
小枝さん、こんにちは。
こちらにコメント頂いていたとは気がつきませんで失礼しました。
この記事を書いている時に、きっと小枝さんは
M・ファスビンダーは好みだろうなぁなどと
思っておりましたが、当たりでした(笑)
thymos
2013/06/14 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
【SHAME-シェイム-】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる