BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神弓-KAMIYUMI-】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/07/13 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【神弓-KAMIYUMI-】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/キム・ハンミン(2011 韓)
出演/パク・ヘイル、ムン・チェウォン
リュ・スンリョン、キム・ムヨル
■作品
1636年、清が朝鮮に侵入(丙子胡乱)、制圧の上50万の捕虜を強制連行した。たった一人の妹を連行された弓の名手ナミは、亡き父から受け継いだ神弓を手に救出に向かうのだが・・。
冒頭から逃げる、追う、の走るシーンが多く、疾走感があってテンポがいい。一方で、弓を構えているときの一瞬の静寂が対照的で手に汗握る戦いが続く。
主人公ナミ演じるのは「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」「黒く濁る村」のパク・ヘイル。今まで少々ヌボーっとしたイメージを持っていたけれど、本作は一転して弓の名手として寡黙で眼光鋭い顔つきに吸引力がある。
鑑賞前は単独で大軍と戦うハナシなのかと勝手に想像していたがそうではなく、同じく弓を得意とする清の少数精鋭部隊との執拗な戦いを次々に場所を変え追っていく。このリュ・スンリョン率いる清の精鋭部隊が実にアクの強い面々でインパクトがあり、敵役として申し分ないところ。観ているほうも思わず弓を構えている気になって肩が凝る。
特に断崖絶壁での一騎打ちは大きな見せ場。ハリウッドならもっと迫力と分かりやすさを狙った構図を持ってくるのだろうけれど、やりすぎると漫画チックになってしまう。ちょっと見にくく分かりづらいかな?というぐらいが想像力をかきたてるのかもしれない。
救出劇ではあるけれど、国の戦いとまた違う次元で繰り広げられる弓の達人同士のアツイ戦いに目を奪われる佳作。
■画質・音質
弓とスコープサイズはマッチングがいい。5.1chは放たれた矢が四方へ強烈に突き抜けていく。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神弓-KAMIYUMI-】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる