BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【プロメテウス】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/08/08 00:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【プロメテウス】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/リドリー・スコット(2012 米)
出演/ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー
ガイ・ピアース、シャーリーズ・セロン
■作品
2084年、考古学者のエリザベスとチャーリーはスコットランドで35000年前と思われる壁画を発見。そこに描かれた星を指さす巨人は他の古代遺跡と共通しており、宇宙のある星に導くように見えた。2人の考古学者はウェイランド社のバックアップを得て宇宙船プロメテウス号で衛星LV-223に向かうのだが・・・。
1979年7月21日に日本で封切られた「エイリアン」。筆者も初日に大阪梅田・シネラマOS劇場はS席を陣取り大興奮。結局上映期間中、10回(全てOS劇場とはいかなかったけれど・・)も劇場に足を運ぶほど本作は衝撃的だったのだ。何にそんなに魅了されたのかといえば、やはり美術を筆頭とするトータルな映像イメージと未来の空気感。ノストロモ号や宇宙服等々の使い込んだ機材感。汚しが効いてリアルかつ重厚。それがギーガーの世界に絶妙にマッチ。これまでの宇宙モノとは一転して何処か生気に掛ける乗組員たちの描写はリアルで〈大人〉を感じさせた。探検隊から送られてくる不鮮明な映像や音などの実況風演出も今では普通になったが、当時これを観たときもの凄く斬新に感じたものだ。とにかく、突如現れたリドリー・スコットのクリエイティビティに圧倒されたのだ。そのクールなセンスは後の作品を観ても明らかだ。
そんな、「エイリアン」をリドリー・スコット自らの監督で30年以上経過して再び見せて頂けるとは感無量であります。
新規開拓の為なのか〈人類の起源〉を前面に押し出し、「エイリアン」と無関係を装う宣伝方法はいかがなものか。これは正しく「エイリアン 0ゼロ」ですなぁ。それを期待してる当方としてはそんな回りくどい宣伝は不要です。
冒頭の発掘された壁画。そこからの展開にはかなり強引かつ荒っぽさを感じるのだが、次回レビューする「世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶」のショーヴェ壁画の衝撃を見るにつけ、そんな発想も不自然ではない気もしてくる。
プロメテウス号での目覚め〜着陸にいたるプロセスでも十分に感じられる「エイリアン」のエッセンス。予想以上にポイントポイントをトレースしているのには驚かされた。そのままじゃないか…と否定論も飛び出しそうだが、筆者はこのひとつひとつのお約束を回収していく感じが嬉しく観ながらニヤニヤしていた次第。R・スコット監督もそのあたり承知の上でしょう。30年以上も経過すれば、宇宙船の計器類をはじめ劇的に美しくなっているのだけれど、「エイリアン」の時と違いすでに様々な作品で駆使されてるだけに目新しさはそれほどでもない。ただ、ひとつひとつのデザインセンスはさすがに飛び抜けているし、絵柄が素晴らしい。冒頭から登場する〈エンジニア〉と呼ばれる人間型宇宙人の造形も説得力を感じた。
大抜擢のノオミ・ラパスはじめとしたキャスティングにもセンスが伺えるが、味を感じるほどには描き込まれていない。ただし、ロボットを演じるマイケル・ファスビンダーは期待を裏切らない良さがあった。(もともとロボット顔ですが・・・)
本作、あまり直接的なショック描写は無いのかな?と思いきや有ります有ります・・、中盤以降のグロテスク度はさすがに「エイリアン」シリーズ?。
〈エンジニア〉にしても〈エイリアン〉にしても謎を残したまま終わってしまうが、見せ場は十分、長年もっともっと見てみたいと思い続けた「エイリアン」ワールドでのリドリー・スコットのビジュアルもしっかり見せて頂き、思いのほか満足感があったのは嬉しい誤算だった。
■画質・音質
本作もREDデジタルカメラであり、精細感あるカチっとした絵柄に時代の流れを感じる。それでもリドリー・スコットゆえ絵柄は重厚なのだが、「エイリアン」の重厚とは趣が異なるところ。5.1chは壮大な轟音と繊細さが同居するさすがの音響だ。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆★
音響 ☆☆☆☆★

ポスター訴求度 ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
夏風邪をひいてしまい何十年ぶりかの高熱に
ダウンしております…
本作はWOWOWさんでのオンエア初日に録画!
しかし未だ観ておりません。
レビューを拝見し観賞に期待感が増幅しました(笑)

thymosさんのレビュー文がいつも以上に長い点に、
本作とリドリー・スコット監督への思い入れが
感じられましたよ…

GIGERのビジュアル観に娘は関心があり…
買い求めた本を私に貸してくれました。
風邪が完治したらこれを手元に
本作を観ようと思っています。
小枝
2013/08/08 19:27
小枝さん、いつもありがとうございます。
ダイジョウブですか? 夏風邪はホントにやっかいですよね。
きっとヴァカンスに行ってらっしゃるという予想は外れました(@_@;)
どうかお大事にしてください。

「プロメテウス」小枝さんの感想もぜひお聞かせくださいね。
thymos
2013/08/08 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
【プロメテウス】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる