BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【私が、生きる肌】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/08/12 16:31   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【私が、生きる肌】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/ペドロ・アルモドバル(2011 スペイン)
出演/アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ
マリサ・パレデス、ジャン・コルネット
■作品
著名な形成外科医であるロベルは豪勢な自宅の1室に一人の美しい女性ベラを軟禁していた。ロベルが研究する人工皮膚で亡き妻そっくりに創造されていくベラは一体何者なのだろうか・・・。
いつもながらに監督独特の語り口に吸い込まれるように見入ってしまうが、序盤からかなり刺激的に展開しホラー映画の雰囲気すら漂っている。
人工皮膚で覆われたベラ演じるエレナ・アナヤがとても美しく撮られており、真相が明らかになる前と後でゴロリと見え方が変わるのもスゴイ。エキゾチックな顔立ちと見事なプロポーション。貞淑な印象でありながらも野卑な男に貪られるように抱かれてしまうところが何ともエロでなまめかしい。アントニオ・バンデラスは持ち前の〈目力〉で狂気の医師に説得力を持たせていた。
薄々「そんなことかしらん」と創造しながらも、ベラの真実はショッキングであるしかなりドン引き・・。アルモドバル作品だからこそアーティスティックにも見えるけれど、冷静に文字に書いてみたらこれはかなりアブノーマルな世界ですなぁ。遂にこんな世界まで描くのかと・・・。
筆者には真相が判明した後はやや失速気味に感じられたのだが、ベラの心境はある特定層にこそ訴えかけるモノがあるのかもしれない。
それでも人生は流れていく・・といった監督らしい人生賛歌とは今回は趣が異なるけれど、監視用の大型ディスプレイに大写しになる女の瞳等ドキっとさせられるショットと色彩が今回も随所にあって目が離せない。
■画質・音質
アルモドバル監督らしい鮮烈な赤。精細感も文句ないインパクトある画だ。5.1chは音楽が凄味をもって作品に抑揚をつける。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆★
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆☆★


★当ブログでご紹介したペドロ・アルモドバル監督作品
バッド・エデュケーション
ボルベール〈帰郷〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本作、私も観賞しOLのレビューに
載せましたので宜しければご笑覧のほど。

それにしても登場人物がみな?
異様でしたね。
そうきたかぁ…の展開は
異様さの締めくくり的にはあっばれ。
アナヤさんの瞳の美しさと美肌は
羨ましいかぎり。
ボディスーツを纏ってのヨガが
非常にセクシーでしたね。



小枝
2013/08/12 22:40
いつもありがとうございます。
レビューも拝見させていただきました。
確かにバンデラス氏の盆栽の締め上げ方には全てが表れてましたね!
もうガチガチで・・・
thymos
2013/08/13 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
【私が、生きる肌】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる