BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【トータル・リコール】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/08/14 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【トータル・リコール】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/レン・ワイズマン(2012 米)
出演/コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール
ジェシカ・ビール、ビル・ナイ
■作品
近未来、妻ローリーと暮らす労働者のダグラス・クエイドはいつも見る同じ夢に悩まされていた。ある日、以前から気になっていた〈記憶を売る〉というリコール社に立ち寄るのだが・・・。1990年のポール・バーホーベン監督「トータル・リコール」のリメイクとなる。
あっけらかんとした荒唐無稽さの中にえげつなさが漂うバーホーベン版に比べると、こちらはダークでウェット。青みがかったクールなトーンはこの監督らしい。
筆者はその絵柄が好きゆえにOKだが、貧困層が暮らすコロニーの美術はもう「ブレードランナー」そのもの。この手の描写はそれ以来何も進んでいないのがよくわかりますねぇ。ただし、空飛ぶ車でのチェイスや縦横移動するエレベーターでのアクション等はレン・ワイズマンらしい縦横無尽なアクション演出で本作の見どころとなっている。
主演のコリン・ファレルのスッキリした感じなかなか良くて、鬼嫁ケイト・ベッキンセールVSジェシカ・ビールというキャスティングもそそります。「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」でも感じたが最近のジェシカ・ビールはイイです。
全編アクションで繋ぎ、世界観もキャスティングも嫌いじゃないけれど、あのオリジナルに比べると随分とこじんまりとしたお行儀の良いフツーの映画になった。改めてバーホーベン版の怪作度と言おうか異様な勢いを再認識させられた。
■画質・音質
ダークでクールなトーンはこの監督らしいもの。5.1chは低音の効いた移動音で盛り上げる。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【トータル・リコール】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる