BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【人生の特等席】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/10/26 01:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【人生の特等席】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/ロバート・ロレンツ(2012 米)
出演/クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス
ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン
■作品
長年大リーグのスカウトマンとして活躍してきたガスも高齢となり、視力の衰えが顕著になってきた。ガスを心配する同僚ピートはガスの娘ミッキーに補助するよう頼むのだが・・・。
クリント・イーストウッドも80歳を越えた。その年輪はただ映しているだけでもドラマになってしまうのだけれど、今回は冒頭から〈老い〉をクローズアップして少々寂しい気分にさせられる。
ハナシの展開はいつものイーストウッドらしい地味で落ち着いた感触ながら、どこか甘口且つベタでシンプル(単純)。「お歳を召して随分丸くなったのかなぁ」と思いきや、これは自身の監督ではないことに後で気付いた筆者でありました。監督のロバート・ロレンツは長年イーストウッドと組んでいる人でマルパソプロ作品らしいトーンはしっかりと受け継いでいる様子だが、やはり監督が違うのは分かりますね。
衰えを認めず頑固に振る舞うガスはイーストウッドらしいキャラクターであるし、80過ぎても渋くカッコいいのはさすが。エイミー・アダムスは元々古風な感じがあるだけに無理なく馴染んでいる(意外なサービスショットも有り)が、ジャスティン・ティンバーレイクの役柄は少々安直な印象を受けた。
終盤のまとめ方はイーストウッドが関わる作品にしては随分と性急で甘口にも感じられるけれど、若い世代に道を譲りながらも尚颯爽とした後ろ姿はイーストウッドならでは。まだまだ銀幕での姿を見せて欲しいものだ。
■画質・音質
マルパソ作品らしい落ち着きのあるひなびたトーンで〈映画〉らしい。5.1chは屋外での歓声や環境音がフワっと広がり心地いい音響だ。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆★

ポスター訴求度 ☆☆☆★

★当ブログでご紹介したクリント・イーストウッド作品
スペース カウボーイ
ミリオンダラー・ベイビー
硫黄島からの手紙
父親たちの星条旗
チェンジリング
グラン・トリノ
インビクタス/負けざる者たち
ヒア・アフター

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【人生の特等席】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる