BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鍵泥棒のメソッド】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2013/11/20 11:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【鍵泥棒のメソッド】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/内田けんじ(2012 日)
出演/堺雅人、香川照之
広末涼子、森口瑤子
■作品
売れない役者・桜井は、銭湯で転倒し気を失った羽振りのいい男・コンドウのロッカーの鍵を自分の鍵とすり替えてしまう。そこから始まる奇妙な逆転人生の行く末は・・・。
楽しみな内田けんじ作品がやってきました。「運命じゃない人」以来、大体4年間隔で送り出される作品はやはり脚本が練られてます。
今や大人気の堺雅人主演ながら、香川照之が劇中の人物としても役柄としても美味しいところを持って行ってる印象。ちょっと出演作過多が気になる香川だが、本作のようなこじんまりとした裏の役柄にはとても上手くハマる人だ。謎の殺し屋?〜勤勉で謙虚な男と振り幅の大きい役柄をこなして観る者を楽しませる。堺雅人は彼の持ち味とは言えちょっとオーバーアクト?に感じるものの、終盤それがピタリとはまるシーンが出てきて納得。
本作の広末涼子はとてもイイですな。さすがに以前のような甘ったるい口調はなくなり微妙な年齢の女性をピュア?に演じている。さり気ない学ランのコスプレには参りました(笑)
内田けんじの作品は、シーン毎に気まずさと可笑しさと妙な緊張感が張り詰めていて思わず見入ってしまう。従来作ほど〈伏線の回収〉は目立たないが、よ〜くリピート鑑賞するとさり気なく細かな伏線が張られており洗練度がより増している。入れ替わった二人それぞれに感情移入出来る脚本は相変わらず丁寧で、読後感の気持ちも良い佳編となっていた。次回作も楽しみ。
■画質・音質
今時の高精細調ではないフィルムルックを今回も踏襲してホッコリとした感触を得ている。5.1chは激突音やアラームといった突発的な音に効果を発揮。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆

★当ブログでご紹介した内田けんじ監督作品
運命じゃない人
アフタースクール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鍵泥棒のメソッド】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる