BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【華麗なるギャツビー】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2014/04/18 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【華麗なるギャツビー】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/バズ・ラーマン(2013 米)
出演/レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア
キャリー・マリガン、エリザベス・デビッキ
■作品
1922年、急成長を続ける米国NY。ロングアイランドの高級邸宅街に屋敷を構えるジェイ・ギャツビーは夜毎、セレブ達を招き豪勢なパーティーを開いていた。ある日、ギャツビー邸の隣に住む証券マンのニックに招待状が届く。
レッドフォードの本作を見たのは随分と前のこと。リッチなレッドフォードぐらいしか記憶に無く、本作を見て改めてこういう物語だったのかと・・。
ギャツビー邸で繰り広げられる豪勢なパーティは、バズ・ラーマンお得意のハイテンション狂想曲で綴られ、見どころのひとつになっている。この監督、アクも強くクドいぐらいのテンションながら、どの作品も映像と音楽が心象風景として絶妙にシンクロする瞬間があって目が離せない。「ロミオ+ジュリエット」がとても印象深かったけれど、本作にもそんなシーンが幾つかあった。
物語は狂言回しとなるニックをトビー・マグワイアが演じていることで取っつきやすく、長編ながら最後まで興味を惹く。
何といってもディカプリオの成りきりぶりに改めて感服。ニヒルな笑みを浮かべながら満を持して登場するシーンがキッチリサマになっているのは流石だ。その他役者も揃って好演で、キャリー・マリガンがとびきり魅力的に撮られていて、アイラ・フィッシャーと共に印象的。
VFXが多用され絵本のように作り物っぽいが、そのめくるめく感が監督の作風にマッチ。きらびやかな世界と物哀しい余韻・・・バズ・ラーマンらしい狂おしい純愛を描いた見応えある一篇。
■画質・音質
コッテリクッキリのデジタル映像は監督ならではの絢爛豪華な絵巻風。5.1chはエネルギッシュな音楽と効果音がリッチに広がる。しっかりとしたセリフも好印象。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆★
音響 ☆☆☆☆★

ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【華麗なるギャツビー】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる