BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【そして父になる】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2014/08/12 00:20   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【そして父になる】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/是枝裕和(2013 日)
出演/福山雅治、尾野真千子
リリー・フランキー、真木よう子
■作品
大手建設会社に勤めるエリート野々宮は、都心の高級マンションで妻と息子の3人で暮らしていた。ある日、前橋の病院から出産時に子供の取り違えがあったと連絡が入る・・。
相変わらず是枝監督の演出はリアルな空気感を切り取ることに冴えを見せる。「誰も知らない」でも見せた子供たちの自然体を捉える手腕が流石で、下手をすれば〈題材〉だけで終わってしまうハナシを説得力あるものにしています。
愛情を注いで育ててきた子供が自分の子でなかったら・・・、実子とは言え他所の子として育てられた子をすんなりと受け入れられるのか・・・。
子を持つ親なら誰しも自分に当てはめて考えてしまうに違いない吸引力ある題材。暮らし向きも考え方も違う対照的な2組の夫婦が登場することで、より多くの共感が得られるのではないだろうか。淡々としているが、両家の対比をレクサスと軽商用バンで表す等、視覚的な誇張感も効かせて十分に映画的に仕立てられている。
育てた子か?実の子か?・・寄せては返す波のように想いを巡らす親の内なる葛藤を丁寧に描いて秀逸。そしてこれは何も親だけの問題では無い。子供にとってもそれは大変な試練なのである。子供なりに順応しようとする健気な姿につい目頭が熱くなってしまう。
福山=尾野、リリー=真木は対照的な夫婦を好演。特に真木よう子はグングン達者になっている感じを受けますねぇ。
白黒付けない終わり方は、父性も母性も単に〈血〉だけで生まれてくるものではないと語っているかのようだ。他者による赤子の入れ替えという何ともやりきれない事件だが、登場する2組の夫婦どちらも子想いであることがこんな世の中では救いに思える。
■画質・音質
都心の高級マンションの無機質な感触と田舎の電器店の庶民的なぬくもりが対照的なトーン。5.1chはその場の空気が伝わるような生々しさで吸引力がある。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

★当ブログでご紹介した是枝裕和監督作品
花よりもなほ
ワンダフルライフ
空気人形
大丈夫であるように―Cocco 終らない旅―
奇跡

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【そして父になる】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる