BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【3人のアンヌ】WOWOW(HV)

<<   作成日時 : 2014/09/30 14:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【3人のアンヌ】(HV・ビスタ)
監督/ホン・サンス(2012 韓)
出演/イザベル・ユペール、ユン・ジュンサン
チョン・ユミ、クォン・ヘヒョ
■作品
海辺の小ホテルにやってきた訳ありの母娘。娘である映画学校の学生ウォンジュは、気を紛らわす為にフランス人女性アンヌを主人公に脚本を書き始めるのだが・・・。
イザベル・ユペールが主演する韓国作品・・・何とも違和感ある取り合わせだが、監督がホン・サンスと聞いてちょっと納得。
ウォンジュが考えた3つのストーリーはどれも思いつきレベルのような他愛ないもの。登場人物も使い回しで抑揚もなく、言ってみれば退屈なハナシなのである。海辺の物語なのに美しい景色でもなく、あるのは濁った海水のひなびた海岸とトイレの前に設営されたテント。
しかし、そのこのユルい自然体がホン・サンスらしくて淡々とした中に人間のおかしみが滲んでくるのが面白いところ。
それにしても、イザベル・ユペールを迎えながらもこの力の抜け加減は大したもの。色々と計算されているのだろうけれど、この飾り気の無さは中々出来るものではない。
3色のアンヌを演じるイザベル・ユペールは、さすがにこういう特殊な舞台でもサラリと存在感を発揮。力の抜けた彼女が新鮮であるし、女優として様々な監督作品にチャレンジする姿勢に敬意を表したいところ。まるで本編のアンヌのように、イザベル・ユペールがカバンひとつで韓国へやってきて、またカバンひとつで帰って行った・・そんな印象です。
韓国キャストはおなじみの顔ぶれだが、少々辿々しくても英語が日常のように自然なのが印象的だった。
何ということも無いけれど、観た後ちょっぴり心が軽くなるホン・サンスらしい小品でありました。
■画質・音質
韓国の海岸らしいひなびた雰囲気の乾いた画。音はごくごく普通ながら、セリフの質感がいい感触。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

★当ブログでご紹介したホン・サンス監督作品
アバンチュールはパリで

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【3人のアンヌ】WOWOW(HV) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる