BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【清須会議】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2014/09/17 22:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【清須会議】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/三谷幸喜(2013 日)
出演/役所広司、大泉洋
小日向文世、佐藤浩市
■作品
本能寺の変において信長が明智光秀に討たれ、信忠も死亡。急遽、清洲城にて織田家の後継と領地配分を決めるべく会議が開かれるれることになった・・。
大まかには中学生でも知っている歴史とは言え、状況説明・登場人物の紹介一切無く始まるセンスの良さ。文と語りに頼りがちな邦画ではなかなかお目にかかれないところだ。かといって筆者のような歴史ビギナーでも見進めていくうちにその背景と相関が呑み込めてくる脚本は流石で、三谷幸喜の手腕が光る。
中盤あたりまでは少々長い気もするが、それ以降グッと吸引力を発揮。織田家の後継ぎをめぐる様々な思惑と駆け引きに思わず見入ってしまうのだ。
大泉洋の秀吉は当初コミカルに過ぎるかと思いきやハナシが進むに連れ違和感が薄れ、独特の愛嬌と抜け目なさを持つ秀吉像を好演。
剛力彩芽は演技こそまだ白紙状態ながら、眉なしお歯黒の顔は結構な迫力。登場シーンこそ少ないが非常に美味しい役柄を与えられている。
三谷作品らしいスカしたタッチを交えて綴るも、最終的にはなかなかに見応えあるものになっている。欲を言えば、城や背景などのVFX処理を重厚に仕立ててほしいところ。
歴史チンプンカンプンの御仁からマニアまで間口の広い作品に仕立てられおり、今一度歴史書を紐解いてみようかという気にさせる。
■画質・音質
結構重厚な絵柄がある一方でセット撮影丸出しな部分もあってちょっと軽いけれど、それも三谷作品らしさと言うべきか。5.1chは人の出入り音など大胆に後ろに回すなど舞台的でもある。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【清須会議】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる