BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【悪の法則】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2014/09/19 11:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【悪の法則】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/リドリー・スコット(2013 米)
出演/マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス
ハビエル・バルデム、キャメロン・ディアス
■作品
有能な弁護士〈カウンセラー〉は美しいローラとの結婚を控え、より多くの金が必要になっていた。裏に通じる実業家ライナーの誘いに乗って麻薬取引に手を出すのだが・・。
最近多い英語そのまんまの邦題もどうかと思うけれど、かといってこの邦題も原題「THE COUNSELOR」のニュアンスとは大きく異なりますねぇ・・。
流石のR・スコット、流石の豪華キャスト陣、その冴えた見せ方、その味ある演技に冒頭から思わず見入ってしまう。
悪名高きメキシコ系組織の無慈悲な〈見せしめ〉を〈そのままズバリ〉もしくは〈あえて見せなかったり〉を効果的に織り交ぜ、凍りつくような恐怖と凄味をもって描かれる。何のコミュニケーションも道徳感も一切通用しないあちらの組織の描写はまるで異星人のよう。監督は「ブラック・ホーク・ダウン」でのソマリアもそんな印象がありましたね。
ただ、一方でリドリー・スコット ファンとしては数ある素材の中で「今、どうしてコレなのか?」という思いも少々。主人公が悪事に手を出しトラブルに巻き込まれる過程が分かりにくい割に、やたらと教訓めいたことには雄弁な脚本は、筆者にはちょっと頂けなかった。
更には、豪華な配役がスター顔見せ興行の様でリアリティから遠のいた感も無きにしも非ず。
この題材はむしろ本作が捧げられた故トニー・スコット監督のメガホンで観てみたかった気がします。
■画質・音質
R・スコットらしい明暗が効果的なクール映像。5.1chは重心の低さが凄味を伝える。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【悪の法則】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる