BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【シアター・ナイトメア】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2014/12/20 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【シアター・ナイトメア】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/フィル・ホーキンズ(2014 英)
出演/ロバート・イングランド、フィン・ジョーンズ
エミリー・バリントン、マラカイ・カービー
■作品
ベテラン映写技師のスチュアートは映画館のデジタル化でお払い箱。デジタルの研修を拒否した彼は売店担当にされ、映写室の出入りも禁じられてしまった。「サランドラU」(汗)の特別レイトショーにやってきた1組のカップルを主人公に見立て、自分のカメラで映画を作ろうとするスチュアート。シネコンの様々な設備を駆使して弄ぶのだが・・・。
表沙汰にはならないけれど、フィルム淘汰で職を奪われた技師は数知れず。そこにスポットをあてた本作は社会派?とも言えそうだ。映画ファンならずともシネコンの舞台裏が描かれる本作は興味深いところ。
「アスペクト比が違ってる・・」と気にするスチュアートに、「そんなこと誰も気にしないしクレームも無い」という支配人の会話などなかなかリアルで期待させるのだが・・。
残念ながら設定こそ興味深いものの、それを活かすアイディアは直ぐに枯渇。ならばホラーとしてのショッキング度はと言うと、これまたあまりに淡泊。
映画の仕事を追われたならば自分で映画を作ってやると息巻くスチュアートだが、結局何をしたいのかよく分からずただの腹いせレベルなんですよねぇ。
彼の仕事を奪ったデジタルプロジェクターを逆手に取り、自前のデジカムで撮った映像を即大スクリーンに映すあたりは面白いアイディアなんですが・・・。
■画質・音質
全編、照明を落としたシネコンらしい雰囲気で展開。画は少々甘口。5.1chは冒頭からブーミーな低音を効かせ、音の配置が明瞭だ。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆
画質 ☆☆☆★
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はいはい、こちらの作品
観させていただきました。
オンラインレビューでも書きましたが
トホホ…といったガッカリ作品でした。

何となく役者(フレディ役から脱け出せない葛藤?)としてのイングランド氏の心境それ自体と
重なって見えてきたのは
私の妄想でしょうかしら?

デジタル vs アナログ
アナログ(メンタル面も)の持つ良さが
排斥される怒り、それは分かる気がして…

如何せんスチュアートの天誅の下し方、
その大人気なさが作品をチープに
してしまっていましたね。
せめてラストに仕掛けがあれば
まだ救われたのですが。。。

イングランド氏のあのドヤ顔しか
印象に残ってませ〜ん(^_^;)
小枝
2014/12/25 03:06
コメントありがとうございます。
ホントにガッカリな作品でしたね(^_^;)
人の居ない映画館の不気味さなどもっと出して欲しかったですし、
ロバート・イングランドのネームバリューが
反って作品にブレーキを掛けてしまったような・・
とにかく消化不良な作品でありました。
thymos
2014/12/25 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
【シアター・ナイトメア】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる