BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小さいおうち】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2015/02/23 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【小さいおうち】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/山田洋次(2013 日)137分
出演/松たか子、黒木華
片岡孝太郎、吉岡秀隆
■作品
大学生・健史の大叔母タキが亡くなった。彼女の記した自叙伝には、昭和初期に彼女が女中として仕えた東京の〈小さいおうち〉での出来事が記されていた・・・。
東京物語」を経て、本作も小津色を感じさせるのだけれど前回よりもだいぶ馴染んできた様子。現代パートはso-soな印象なれど、〈小さいおうち〉を描く昭和の描写に目を惹かれる。黒木華演じる女中タキの目を通したその生活ぶりは、山田監督らしい丁寧な日常のリアリティが発揮され見入ってしまうのだ。
時にドキっとさせるようなコワさを見せる松たか子が流石の存在感。黒木華は山田監督の世界にビタリとハマる若手のミューズではなかろうか。吉岡クンは山田組とは言え〈いい役〉をもらってますねぇ。松たか子との取り合わせがベストかどうかは疑問が残るけれど、彼独特の物腰は山田作品を見てる気にさせる。また、片岡孝太郎が当時の亭主像を飄々と演じて印象に残った。
そして、「母べえ」以来山田作品に戻ってきた倍賞千恵子。役柄とは言えすっかりおばあさんの姿に歳月を感じずにはおれない。
昭和のあの頃や年配の人々の描写は微に入り細に入りの巧さだが、一方で妻夫木聡のカップルなど現代の若者になると随分前に時が止まってしまったかのような古色蒼然感。山田監督も歳をとったということなのか、はたまた監督の価値観として「こうであって欲しい」ということなのか。
■画質・音質
フィルムならではの柔らかなウォームトーンがやはりいい。5.1chはしっかり収録されたセリフはもとより、環境音のサラウンドも効果的。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆
ポスター訴求度 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
今日は雛祭りですね。
お譲さまのために段飾りなどを
設えておいでなのでしょうか?

うちには娘が生まれた時に
私が買い求めた五段飾りの芥子雛が
あるのですが…
どうも私ひとりでは飾る気も萎えがちで。

いきなりお話が横道にそれてしまいましたね。
すみません。
本作、地上波にて観賞しました。
松たか子さんが好きなので見入りました。

倍賞さんの若き日を演じた黒木華さんの
演技がとても良かったですね。
戦時中に在って物資やその他の無さの
深刻さは言葉上だけの表現に留められた
山田監督の描く不倫の何とも美しいこと。

淡けれど情を通じ合う松さんと吉岡さん
本作を観終わったあと
私の中でイメージが膨らみ一篇の詩を
綴り今宵アップさせていただきました。
もしよろしければご笑覧下さいませ。

長くなり失礼いたしました。
小枝
2015/03/03 22:13
コメントありがとうございます。
うちはもうホントに小さなお内裏様とお雛様が2人並んだ人形です。
しかも前日まで飾るのも忘れてた次第です(汗
娘達は自分で作った折り紙のお雛様が一番お気に入りのようです(笑
「小さいおうち」黒木華の物腰が良かったですね。
WOWOWでの放送予定はもうないようで残念です。
小枝さんの詩、早速見せていただきました。
「小さいおうち」での〈帯〉が醸していた妖しさが
より濃厚に伝わってきました。
thymos
2015/03/05 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小さいおうち】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる