BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鑑定士と顔のない依頼人】WOWOW(HV 5.1chEX)

<<   作成日時 : 2015/04/11 19:32   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【鑑定士と顔のない依頼人】(HV・シネスコ・5.1chEX)
監督/ジュゼッペ・トルナトーレ(2013 伊)131分
出演/ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス
シルヴィア・フークス、ドナルド・サザーランド
■作品
著名な美術鑑定士であるヴァージル。クレアという女性からの査定依頼は気乗りしないものだったが、なかなか姿を見せないクレアに次第に興味を抱き始める・・・。
潔癖で偏屈なる独身主義の鑑定士をジェフリー・ラッシュが見事に巧演。彼のフィルモグラフィの中でも本作は屈指のハマリ役かも知れません。
得体の知れない依頼人クレアに、ヴァージル同様こちらもグっと引き込まれるようなミステリー・サスペンスタッチで綴られていきます。ハナシのオチは何となく予想がつくものでしたが、そこに至るまでのジェフリー・ラッシュの変化や画の見せ方・雰囲気づくりが秀逸。
トルナトーレの叙情的かつ格調ある演出にエンニオ・モリコーネの楽曲も加わって久しぶりに映画らしい映画を見た感じがしましたねぇ。
■画質・音質
デジタル撮影だが、美術の良さもあってなかなかに重厚な絵柄。5.1chはモリコーネの楽曲を中心に朗々と響くサラウンド感が心地よい。EXの表記がある。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆★
ポスター訴求度 ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。私用でばたばたとしているため
更新記事がなかなか製作できずにおり
もっかのところはアットランダムナな
ご訪問になってしまっています。

さて本作、すばらしい出来でしたね。
劇場ではリピーター割引で2回目以降\1000という
キャンペーンもされていたようですが。
確かに1度観ただけでは分かりづらい作品。
しかし観賞するたびに監督の
見事な心理ギミックのようなものが感じとれ…
その日の自分の気分しだいで
時系列の並べ替え現象までもが生じるという。
不思議なテイストに酔いしれました(いえing形です)

オンラインレビューにも書きましたが
今日の段階で5回は観ていますがまだ々観たいです。
お気に入りの映画としてブログに載せたいのですが
どこをどう語っていこうかでパニくっています(笑)

女性コーラスの揺らめく声の効果が心地良く、
どこを取っても無駄のない演出だと感じました。
それにしてもラッシュさんは凄い役者ですね!
私が本作を記事におこせたその暁にも
絡みにお越しいただきたい気がしております。

いかなる贋作の中にも真実が潜む
ヴァージル自らが提示するこのキーワード。
もしかしてあの暴漢達は彼の狂言だったのでは?と。
ストレッチャーで運ばれる彼を覗きこむ、
クレアの瞳のその奥の、奥の、奥に、
贋作者(クレア自身)も意図せぬうちに
記していたサインを見てとれたからこそ
彼はプラハのNight&Dayで待ち続けることの
幸せに浸れたような気がしてならず…

そんなところが現段階における私の稚拙な
読み解きといったところでしょうか。
もし差し支えなければ
thymosさんの更なるご感想をお聞かせ下さると
ひじょうにうれしいのですが。
しばし本作で語り合いたい気分なもので… ^_^;

小枝
2015/04/16 17:57
小枝さん、ご多忙の中コメント寄せていただきありがとございます。
本作にかなりハマってらっしゃいますね!
色々と見どころ・感じどころの多い作品ですが、
特に終盤は、色々な解釈も入り混じり感想が書きづらいですよねぇ。
一方で、壁一面を埋め尽くしていた絵画が一切無くなった時の
画面のインパクトといった、分かりやすい演出も光ってました。
小枝さんが記事にされるのを楽しみにしておきますね。
thymos
2015/04/17 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鑑定士と顔のない依頼人】WOWOW(HV 5.1chEX) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる