BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【her/世界でひとつの彼女】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2015/05/25 01:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【her/世界でひとつの彼女】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/スパイク・ジョーンズ(2013 米)126分
出演/ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス
ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド
■作品
近未来。手紙の代筆を仕事とするセオドアは、別居中の妻に未練を残しながら寂しい日々を送っていた。ある日、セオドアは新しい人工知能OSを自宅のPCにインストール。そこから聞こえる〈サマンサ〉という魅力的な声に魅了されていくのだが・・。
コンピュータが〈人格〉を持つ・・・。昔からよくある設定ながらどうにも絵空事に思えたものだったけれど、段々それも現実味を帯びる時代になってきましたね。
PCやスマホの浸透は人々を益々自分だけの世界に閉じこもらせていく。そんな中、リアルな人間関係に疲れた人々がOSの恋人に入れ込んでしまうというハナシはなかなか説得力がある。
ホアキン・フェニックスがナイーヴな主人公を巧演しており、OSの声だけを演じるS・ヨハンソンのハスキーボイスも魅力的。
ちょっと夢心地でロマンチックなトーンに包まれているけれど、OSに本気で恋し嫉妬する関係はやはりいびつで何処か寒々しい。生身の人間以上に信頼し入れ込んでしまうだけに、〈サマンサ〉にまで別れを告げられるセオドアの喪失感たるや・・・。
ハリウッド映画とは思えないほど内向的でミニマムな世界だが、スパイク・ジョーンズらしいとも言えますね。さり気ない未来のガシェット描写も品がイイ。
時代は変わっても、やはり人は〈繋がり〉を感じていなければ生きていけないのだろう。筆者はラブストーリーと言うよりも、希薄になるコミュニケーションについて考えさせられる作品でありました。
■画質・音質
柔らかさを感じる一方で何処か無機質なトーンが作品の雰囲気にマッチ。5.1chは画調にもマッチしたやんわりとしたサラウンド感。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆
ポスター訴求度 ☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
そう言えば昔アル・パチーノが
PC上でのヴァーチャルな女性に恋をする
そんな作品があったような…
確かタイトル「シモーヌ」って言いましたっけ?
そんなことを思いだしています。

最新の拙記事で似た俳優さんを
集めてみたのですが、
本作のホアキン・フェニックス
私の中ではどことなくレイ・リオッタと
重なるなぁ〜って今、急に思いました(笑)
小枝
2015/05/25 17:15
コメントありがとうございます。
「シモーヌ」ありましたね。
A・ニコル監督にしては「ガタカ」のような洗練はありませんでしたが、
さすがアル・パチーノがもたせてましたね。

小枝さんの新記事読ませて頂きました。
思いもしなかったけれど、確かに似てる・・
そんなオンパレードで思わず吹き出しました(^◇^)
thymos
2015/05/25 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
【her/世界でひとつの彼女】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる