BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【猿の惑星:新世紀(ライジング)】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2015/07/10 15:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【猿の惑星:新世紀(ライジング)】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/マット・リーヴス(2014 米)131分
出演/アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク
ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル
■作品
どうもこの新シリーズ、観る前はあまりそそられないのだけれど蓋を開けてみれば結構面白い。前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」同様、本作も見始めればなかなか見応えがあった。
今回もWETAデジタルの仕事ぶりには目を見張らせられる。モーションキャプチャーによる表情の豊かさ、様々な環境下での毛並みの質感から迫力の戦闘シーンに至るまで、全編スゴイ画が詰まっている。しかし、あくまでストーリーを後押しする手段でありこれ見よがしでないところに好感が持てる。
モーションキャプチャーとは言え主役はやはり猿のシーザーを演じるアンディ・サーキス。「LOTR」のゴラム以来モーションアクターとしての地位を確立しましたねぇ。
人間役?の主演はジェイソン・クラーク。この人地味なイメージなのに何故これほど話題作に引っ張りだこなのかしらん・・と思いますけれど、確かにひとクセある風貌が印象に残る人ではあります。
猿と人間というカタチをとってはいるけれど、これは世界に絶えない争いを象徴するようかのようだ。敵対していた集団がいくら一部で友好を築こうとしても、必ずそれに異を唱える者がそれぞれに存在し、潜在的な偏見からほんの僅かなきっかけで戦争に陥ってしまう。次作最終章の出来も期待したい。
■画質・音質
FOXらしい重々しさ。全編通して深く沈んだトーンが印象的。5.1chは猿の声や気配がグルリと包囲しサラウンド感豊か。ドルビーアトモスのクレジットがある。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆
ポスター訴求度 ☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【猿の惑星:新世紀(ライジング)】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる