BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海にかかる霧】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2016/04/05 00:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像【海にかかる霧】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/シム・ソンボ(2014 韓)111分
出演/キム・ユンソク、パク・ユチョン
キム・サンホ、ハン・イェリ
■作品
1998年の韓国。金融危機に見舞われ不況のどん底の中、漁船チョンジン号の船長カンは朝鮮族の密航という闇の仕事に手を染めてしまうのだが・・・。
漁船の中で切羽詰まった人間たちが繰り広げる悲劇の連鎖・・・想像通りの何とも陰惨なハナシである。体に重りを載せられたような圧迫感で最後まで見せてしまう力量は韓国作品ならではだ。
映画本格進出のユチョンだが、TVドラマとはまた違った雰囲気で地味で素朴な下っ端漁船員を演じ意気込みを感じさせる。とは言え、キム・ユンソクをはじめとするむくつけき男共の中でやはり救いになってくるのは彼の存在。
後半に向かって朝鮮族の女ホンメ(ハン・イェリ)との恋と共にユチョンのスター性のウェイトが大きくなってきて、それまでのガチガチの極限リアリズムが中途半端になった感は少々ありますかね・・。
ラストの苦い味わいはやや甘口に傾きかけたトーンをキュッと引き締めて効果的だった。
■画質・音質
この世の果てのような暗く沈んだトーンでまとめられている。5.1chは背面からの音など時折ギョッとするほど効果的。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆
ポスター訴求 ☆☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらの作品拝見しました。
実話ということでゾッとしたのですが…
『漁船』に過った入魂をしている船長。
そんな船長の歪んだ心が、
海にかかる『霧』のようで印象的でした。

ラスト…食堂に居合わせる親子。
母親の後ろ姿と声で
観ている者を「…ん?」って、
させてきましたね。
このシーンがあって終わるのと
無くして終わるのと
どちらが本作には良いか?
感想が二分しそうな気がしました(笑)
小枝
2016/05/12 06:03
小枝さん、いつもありがとうございます。
小枝さんが仰るとおりラストのシーンがあると無いとでは
印象変わりそうですね。
「どっちがいいのか?・・」
無くてもいいと思うのですが、
終盤の演出に〈このラストありき〉なところを少々感じました。
thymos
2016/05/12 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海にかかる霧】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる