BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【マッドマックス/怒りのデス・ロード】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2016/05/07 01:44   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【マッドマックス/怒りのデス・ロード】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/ジョージ・ミラー(2015 豪=米)121分
出演/トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン
ヒュー・キース=バーン、ニコラス・ホルト
■作品
1979年12月、大阪松竹座で観た「マッドマックス」。豪州からやってきた得体の知れない映画は何とも野蛮な空気を放ち、類を見ないリアルな疾走感、インターセプターはじめkawasaki Zシリーズなどマシンの描写にしびれた。1981年12月、今度は千日前国際劇場で「マッドマックス2」。一気にぶっとんで「これが続編なのか?」と思うほどの変わり様ながら、その世界観は奇抜でその後の各作品への影響はご存知のとおり。
続いて1985年の夏「マッドマックス/サンダードーム」。メジャーになった分フツーになった印象を当時持ったけれども、今再見するとそれほど悪くない・・。
そして、待てど暮らせどやって来なかった4作目。何と30年経過して実現したこと自体感慨深いが、衰えるどころか振り切ったテンションに唖然・・。ジョージ・ミラーの70代と思えぬエネルギーに脱帽であります。
トム・ハーディ=マックスのキャスティングは結構イケるかも?という予想が的中。メル・ギブソンの危ういクール感とは違いますが、寡黙でいい雰囲気出してます。一方主役と言ってもいいシャーリーズ・セロンは、これだけ薄汚れて坊主頭で片腕であっても美しくてスタイル抜群なのには恐れ入りましたね。
余計なご託を排し、原始的な生存本能だけを追い求めた様な直球バトルからは返って重厚感すら漂ってくるのだから大したもんです。ぜひ続編も〈スムーズに〉実現してほしいところですね。
■画質・音質
全編赤茶けた砂漠に砂塵舞う汚れた絵柄だが画の鮮鋭感は高い。5.1chはアトモス仕様ということもあってシリーズ最強のサラウンド感。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆★
音響 ☆☆☆☆★
ポスター訴求 ☆☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【マッドマックス/怒りのデス・ロード】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる