BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【白鯨との戦い】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2016/12/29 15:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像【白鯨との戦い】(HV・ビスタ・5.1ch)
監督/ロン・ハワード(2015 米)121分
出演/クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー
キリアン・マーフィ、トム・ホランド
■作品
新進作家メルヴィルは、捕鯨船エセックス号最後の生き残りニカーソンを訪ねた。巨大な白鯨と戦った当時の壮絶な実話を聞き出すのだが・・。
ラッシュ/プライドと友情」に続いてクリス・へムズワース×ロン・ハワードのタッグとなる。
やはりロン・ハワード監督、こういったスケールを王道で撮りあげる手腕は安定感ありますなぁ。ガタイのいいクリス・ヘムズワースも往年のスターを思わせるいい顔つきになってきた。
「白鯨との戦い」という邦題は違和感あり。延々と続く白鯨とのバトルアクションを思わせるが、本作はそれよりもエセックス号沈没後の漂流サバイバルと乗組員の運命にスポットを当てている。「IN THE HEART OF THE SEA」という原題がやはりしっくりと来ますね。前回の「オデッセイ」といい、内容と異なる方向へ誘導しようとする邦題の付け方は大いに疑問であります(最も今に始まったことでもなく半ば確信犯でありますが・・・)
巨大な白鯨を描くVFXの出来は秀逸なのだが、やっぱり筆者は白けます・・。実際に撮れそうもないスゴイ構図なんかがあるほどに白けてしまうんですよねぇ。思い返せば「JAWS」などハリボテであっても凄く怖くリアルに感じたし、キャストの体を張ってる感が伝わってきたものです。
ロン・ハワードはそのあたり承知していたのか分からないが、後半の地味ながら壮絶なサバイバルに重点を置いたのは正解だろう。
約2時間退屈せず全体にソツがないけれど、やはりVFXの白鯨を中心に往年に比べ生身感が薄いのが作品自体の印象の薄さにも繋がってしまったようだ。
■画質・音質
VFXも含めて重厚で時代を感じさせる映像ではある。ATMOS仕様の本作は5.1chでもリヤchの充実感が顕著だ。
作品 ☆☆☆+
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆
ポスター訴求 ☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【白鯨との戦い】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる