BLOG de thymos

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ヘイトフル・エイト】WOWOW(HV 5.1ch)

<<   作成日時 : 2017/03/19 01:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像【ヘイトフル・エイト】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/クエンティン・タランティーノ(2015 米)168分
出演/サミュエル・L・ジャクソン、ジェニファー・ジェィソン・リー
カート・ラッセル、マイケル・マドセン
■作品
南北戦争から数年。賞金稼ぎマーキスが乗り込んだ駅馬車には、これまた賞金稼ぎであるジョンが獲物の女と乗り込んでいた。やがて極寒の中 立ち寄った紳士服店にはクセある男達が・・・。
1人また1人と道中に加わっていく序盤は「金太郎」?みたいで面白い語り口。クセあるタランティーノ組で揃えられた面々ゆえ、例によっての長々バナシも何とか観ていられるが、2時間48分はさすがに長いか・・・。
中盤も過ぎた頃から漸くお馴染みの一触即発の緊張感。最後まで生き残れるのは誰か?と興味を繋ぐ。
キャストは久方ぶりに観るJ・ジェイソン・リーの起用が興味を惹くほか、カート・ラッセルもいい味わい。ブルース・ダーンの起用も渋いですな。しかし、何といってもタランティーノと言えばこの人・・クセある高笑いのサミュエル・L・ジャクソンが全てを持っていきますねぇ。他にクリストフ・ヴァルツ?って思って観てた人は、クレジットでティム・ロスだと判明・・(笑)
ある意味期待通り?の会話も描写もお下劣なタランティーノ節でありますが、ドロドログチャグチャのヴァイオレンスシーン(オンエアは全てボカシ入り)のみがアクセントでどうも新味には欠け、ストーリーの面白さは今ひとつ。
お下品であっても何処か〈粋な感じ〉が魅力だった従来のタランティーノ作品に比べると、本作はそのあたり物足りなさが残ります。
■画質・音質
敢えて70mmで撮るという映画愛が嬉しく、冒頭の馬車シーンなどE・モリコーネの音楽と共に重厚だ。ただ、その後は殆ど舞台劇を観るような密室劇ゆえ70mmが活きるのかどうか・・。5.1chはあらゆる音の方向感が明瞭で細かな音響設計だ。

作品 ☆☆☆+
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆
ポスター訴求 ☆☆☆

★当ブログでご紹介したクエンティン・タランティーノ作品
イングロリアス・バスターズ」 
ジャンゴ 繋がれざる者」 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
タランティーノ好きには
それなりに楽しみたかなという感じでした。
でも、やはり暈しは艶消しかも〜です。

以下、余談で恐縮ですが。
WOWOWの又々 気紛れな改悪と申しますか、
オンラインレビューの形式が気に入らず
観た作品はレビュー無しでも取り敢えず
拙ブログの下方に貼っている、
『ブクログ』(主流は書籍のサイト)に記録として
本棚のバナーに載せWOWOWのほうには
載せることが殆どない現状です。
気が向いた作品のみごくごく簡単な
メモ的なレビューをブクログに書いています。

落ち着きましたらブログを整頓し
きちんとした映画記事を仕上げたいと
思っていますのでその際にはお越し下さい。
小枝
2017/04/08 01:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ヘイトフル・エイト】WOWOW(HV 5.1ch) BLOG de thymos/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる