【ヴァルハラ・ライジング】WOWOW(HV)

画像【ヴァルハラ・ライジング】(HV・シネスコ)
監督/ニコラス・ウィンディング・レフン
(2009 デンマーク=英)
出演/マッツ・ミケルセン、マールテン・スティーヴンソン
ユアン・スチュワート、ゲイリー・ルイス
■作品
中世ヨーロッパ、ヴァイキングの時代。無敵の奴隷戦士〈ワン・アイ〉は長年異教徒たちに束縛されていた。しかし、一瞬のうちに異教徒達を殺し自由の身となった〈ワン・アイ〉は世話係だった少年アーを伴って旅に出るのだが・・。「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督作品。
デンマーク作品というのは、ラース・フォン・トリアーをはじめとして人間の業を感じさせるようなゴリッとした凄味を醸すのだが本作もそんな空気を放っている。
荒涼とした山地で繰り広げられる獣同然の死闘で始まる第1章。凄味あるこの世界観の構築だけでも監督の非凡さは十分に感じ取れる。セリフをそぎ落とし沈黙の〈間〉で見せる手法は「ドライヴ」以上で、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の趣向がより濃厚に出ている。
〈ワン・アイ〉演じるマッツ・ミケルセンは「007/カジノ・ロワイヤル」でも不適な面構えが印象的だったが、一言も喋らない独眼竜の本作では更に強烈な印象を残す。
全6章からなる本作。章を重ねる毎に難解になりセリフの少なさもあって眠気も覚えるのだが、その世界観はインパクトあり。
■画質・音質
渋く重厚な映像だが背景などデジタルチック。5.1chのオンエアではなかったが、おどろおどろしい音が全編にわたって包囲する。
■個人的採点(☆☆☆☆☆で満点、★は1/2)
作品 ☆☆☆★
画質 ☆☆☆☆
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求度 ☆☆☆★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック