【ゲティ家の身代金】WOWOW(HV 5.1ch)

画像【ゲティ家の身代金】(HV・シネスコ・5.1ch)
監督/リドリー・スコット(2017 米=伊=英)133分
出演/ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー
マーク・ウォールバーグ、ロマン・デュリス
■作品
1973年、世界一の富豪とも言われる石油王J・P・ゲティの孫が誘拐された。多額の身代金を要求され、母アビゲイルはゲティに金の援助を求めるのだが・・・。
近作「エイリアン:コヴェナント」などを観るにつけ、「R・スコット監督も衰えたかなぁ・・」と感じたりもするのだけど、それは〈エイリアン〉という題材が監督の中で旬を過ぎただけなのだろう・・。未だに冴えをみせる本作を観ながらそんなことを思った次第。
実話をもとに脚色した本作。ハナシの展開も興味深いが、1シーン1シーンがクールで重厚な絵柄は監督の本領発揮で魅力十分。
鑑賞後に知ったケビン・スペイシーからクリストファー・プラマーへの公開直前交代劇。そんなこと微塵も感じさせなかったあたりは流石にプロの仕事。K・スペイシーの富豪も観てみたかった気もするがC・プラマーも流石の貫禄で全く見劣りしていない。
M・ウォールバーグの出演はR・スコット作品としてはチョット異色? に感じるけれども、まぁすぐに馴染んでおりましたね。他に誘拐犯の一人としてロマン・デュリスがなかなかいい味。
R・スコット監督も80超えましたけど、映画への意欲はまだまだ旺盛のようで、なんと「グラディエーター2」を創るとか・・。

作品 ☆☆☆☆
画質 ☆☆☆☆★
音響 ☆☆☆☆

ポスター訴求 ☆☆☆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック